オリジナル手作り石鹸資格情報まとめ

香りもよく肌に優しいセルフケア用品

 

簡単に香り高い石鹸を作る事ができる

自分の好みの香りの石鹸を見つけるのが難しいと感じる方や、忙しくて好みの香りの石鹸を見つける時間がないという方もいることでしょう。そんな方にぴったりです。

 

自分の肌にあった石鹸を作る事ができる

はちみつや牛乳など保湿効果がある原料をプラスするなら、洗顔後しっとりもっちりしたお肌を手にすることができるでしょう。

 

見た目もキュートなオシャレな石鹸を作る事ができる

好きなモチーフや型を利用して石鹸を作ればお友達や同僚にプレゼントしても喜ばれるに間違いありません。

 

 

毎日の生活の中で欠かすことができないアイテムのひとつとして”石鹸”があります。石鹸は手を洗ったり、顔を洗ったり、全身まで洗うことができるとても便利なアイテムです。旅行などの外出先にも簡単に持っていくことができますし、最近では石鹸をシャンプー代わりとして使用したり、ペットのシャンプーに使用している方も少なくありません。

 

このようにさまざまな使い方ができる石鹸ですが、その香りもそれぞれ異なっているという特徴があります。しかし、自分の好みの香りの石鹸を見つけるのが難しいと感じる方や、忙しくて好みの香りの石鹸を見つける時間がないという方もいることでしょう。

 

 

そんな方は、香りがよく自分の肌にぴったりの石鹸を手作りしてみるのはいかがでしょうか?香りのある石鹸、つまりアロマ石鹸は、市販の石鹸を使用すれば簡単に香り高い石鹸を作ることができます。

 

香りに加え、はちみつや牛乳など保湿効果がある原料をプラスするなら、洗顔後しっとりもっちりしたお肌を手にすることができるでしょう。また、ドライフラワーやドライハーブなどを練りこんでインテリアとして使用することもできるかもしれません。

 

さらに好きなモチーフや型を利用して石鹸を作るなら、見た目もキュートなオシャレな石鹸を作ることができるでしょう。お友達や同僚にプレゼントしても喜ばれるに間違いありません。では香りのよい石鹸はどのように作ることができるでしょうか?

 

基本の手作り石鹸の作り方で作ることができます。オイル、苛性ソーダ、精製水をしっかり攪拌した後、型に流し込む直前にアロマオイルを投入します。5滴から10滴(石鹸生地が300g程度の場合)のアロマオイルを使用することができるでしょう。自分の好みのアロマオイルを使用することができますが、セルフケア用アロマオイル入り手作り石鹸におススメのアロマオイルのブレンドをご紹介しましょう。

 

・洗顔用アロマ入り手作り石鹸・・・ラベンダー+ゼラニウム+カモミール
・全身用アロマ入り手作り石?・・・ラベンダー+ペパーミント+ユーカリ
・ハンド用アロマ入り手作り石?・・・ティーツリー+ユーカリ

 

香りを出すアロマオイルには効果や効能があり、それを石鹸に配合することによりそれぞれの効果や効能を期待することができます。たとえばラベンダーはお肌にハリを出す効果、ティーツリーには殺菌効果などがあります。香りを楽しみながらセルフケアもすることができる香り石鹸で美を求めてみるのはどうでしょうか?

 

セルフ美容アイテムの作り方

 

自分で石鹸を作る事は今女性の中で人気

自分で石鹸に使う原料を選ぶことができるので、自分の肌質や好みの香り、また好みの大きさや形などオリジナルのものを作る事ができます。

 

アレンジさせながら作る事ができる

自分の好きなオイルを単品で使ったりブレンドしたり、アロマオイル投入したりなどアレンジさせながら作ることができます。また無添加で作ることもできます。

 

インテリアとしても香りを楽しめる

好みの型やモチーフで作りお部屋をオシャレに見せながら香りも楽しむことができるでしょう。

 

セルフ美容アイテムのひとつとして、自分で石鹸を作ることが今女性の中で人気となっています。なぜなら、自分で石鹸に使う原料を選ぶことができるので、自分の肌質や好みの香り、また好みの大きさや形などオリジナルのものを作ることができるからです。

 

では石鹸はどのように手作りすることができるのでしょうか?手作り石鹸の作り方には大きく分けて、植物オイルと苛性ソーダと精製水を用意して科学反応を起こさせて作る方法と、石鹸を削って再び固めて再生するという方法の2種類があります。

 

前者の苛性ソーダを使用する方法は、薬品を使用するため難しいのでは・・と感じる方もいるかもしれません。確かに使う際には発熱したり、刺激臭がでるので十分注意して行う必要があります。しかし、自分の好きなオイルを単品で使ったりブレンドしたり、アロマオイル投入したりなどアレンジさせながら作ることができます。また無添加で作ることができるのも特徴のひとつです。

 

コールドプレス法と言われているこの方法は、市販の石鹸とは違い、熱を加えずに固めていくため原料の栄養素を壊さずにすべてを吸収することができるため、セルフ美容には最適のアイテムを作り上げることができます。

 

一方、石鹸を削って作る方法は、薬品を使用しないのでキッズと一緒に楽しみながら石鹸を作ることができるという特徴があります。肌へのやさしさを求めるなら、無添加の石鹸を使用することができるでしょう。また自宅に余っている石鹸を削って手作りすることもできます。

 

ではどのように作ることができるでしょうか?使用したい石鹸をおろし金や包丁で細かく刻み込みます。刻んた石鹸50gに対してお湯を10ccビニール袋に入れてしっかり練りこみます。香り付きの石鹸にしたいなら、練りこんでいる作業の時にアロマオイルを投入させましょう。

 

香りをプラスさせるなら自分だけのオリジナル手作り石鹸としてさらに楽しむことができるでしょう。石鹸生地は、自分のお好みの型にいれ、乾燥させ1日たったら完成です。火を使用せずに安全に作れることが特徴となっています。これら2種類の方法でセルフ美容に最適な石鹸を手作りすることができます。あなたはどちらの方法をチャレンジしたいですか?

 

自分の好きな香りでモチベーションアップ

女性の憧れともいえる”石鹸の香り”は人それぞれイメージが異なることでしょう。あなたはどのような香りでモチベーションをアップさせることができますか?香りを洗濯の柔軟剤で楽しんでいる方や、お香を焚いて楽しんでいる方、また香水などで気分転換している方もいることでしょう。

 

このようにさまざまな方法で香りを楽しむことができますが、セルフ美容にも最適な石鹸で香りを楽しんでみるのはどうでしょうか?石鹸で香りを楽しむことができるの?と思われる方もいるかもしれません。

 

確かに市販されている石鹸に香りには限界があり、自分の好みの香りを見つけることができなかったり、たとえ好きな香りが見つかったとしても香りがきつすぎる・・といったことがあるかもしれません。そこで石鹸を手作りしてみるのはいかでしょうか?

 

石鹸を自分で手作りするなら、自分好みのアロマオイルを使用しながら香りの強さを調節することができるのでモチベーションがアップすること間違いありません。

 

さっぱりした香りが好きな方はシトラス系、お花の香りが好きな型はフラワー系、甘いお菓子のような香りが好きな方は甘い香り系の香りで石鹸作りに挑戦することができるでしょう。洗顔専用の石鹸を作ることもできますし、全身用の石鹸を作ることもできます。

 

またお部屋の中でも香りを楽しむことができるようにインテリア用の石鹸を手作りすることもできるでしょう。自分の好きな香りに加え、自分の好きな形に石鹸を作ることができるのも手作り石鹸の魅力です。使う場所や目的に合わせて形や大きさをアレンジすることができるでしょう。

 

たとえば洗顔用に使用したいなら手のひらサイズ、全身用なら家族で使用できるように大きめに作ることができるかもしれません。またインテリアとして使用したい場合には、好みの型やモチーフで作りお部屋をオシャレに見せながら香りも楽しむことができるでしょう。

 

自分の好みの香りの手作り石鹸で、毎日のひと時を好きな香りに包まれながら過ごし、モチベーションをアップさせてみませんか?

 

アロマの香りを調合してセルフ美容を楽しもう!

手作り石鹸の魅力は自分の好きな原料を選べることに加え、自分の好きな香りをつけることができるというメリットもあります。市販の石鹸でも好きな香りを見つけることができるかもしれませんが香りが強すぎたり、自分の好みの香りとちょっと違う・・という場合もあるかもしれません。

 

しかし自分で石鹸を手作りするなら、自分の好みの香りに調合することができます。自分の好みの香りで石鹸を作れるなら、洗顔やバスタイムを優雅に過ごすことができるでしょう。そんな手作り石鹸にプラスすることができるおススメの香りをいくつかご紹介しましょう。

 

ラベンダー

ハーブの代表ともいえるラベンダーは甘いフローラル系の香りが特徴となっています。スキンケアとしてはもちろん、ヘアケアとしてもその香りを楽しむことができます。ラベンダーにはリラックス効果や安眠効果もありますので、インテリアとして石鹸を使用するならストレス解消や安眠効果も期待することができるので美肌にもよい効果を得ることができるでしょう。

 

オレンジ・スイート

オレンジ・スイートはシトラス系のさわやかな香りが特徴で多くの方から好まれています。特に石鹸の香り付けとして使用すると、香りが広範囲に飛びやすいというメリットがあります。脂肌の方に特におススメで、余分な皮脂を洗い流してくれます。しかし注意したい点として、オレンジ・スイートは酸化しやすいので、消費期限が約半年という短い期間内に使用しなければいけません。

 

ティーツリー

澄んだ香りが特徴のグリーン系の香りがするのがティーツリーです。殺菌作用があるので、お肌のアンチエイジング効果を期待することができます。なので洗顔用の石鹸として特におススメです。

 

ローズマリー

頭がすっきり冴える香りが特徴のローズマリーは、ヘアケア石鹸に特におススメです。ツヤのあるキレイな髪を手にすることができるでしょう。

 

ミント

ミントは爽快感があり気分をさわやかにしてくれる香りです。ほかのアロマオイルとブレンドするなら、より上品な香りを楽しむことができます。ミントには殺菌作用があるので、洗顔用としてしようするならお肌の汚れをキレイに落としてくれるのでニキビ予防になります。夏場に全身用石鹸として使用するなら、爽快感を得ることができるでしょう。男性でも使用することができるさわやかな香りが特徴です。

 

自分の好みの香りで石鹸を作れるなら、洗顔やバスタイムを優雅に過ごすことができるでしょう。

要点を紹介するキャラクター

 

セルフ美容に役立つ美容ランキング

 

石鹸アーティスト試験の特徴

日本インストラクター技術協会が主催している認定資格です。さまざまなオイルやハーブを利用した石鹸作りの知識と技術を取得することができるため、ハンドメイドや手作り石鹸に興味がある女性を中心に人気となっている資格のひとつです。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
石鹸アーティスト試験の総評
  • ハンドメイドや手作り石鹸に興味がある女性を中心に人気
  • 在宅での受験も可能
  • 自宅・カルチャースクールで講師やオリジナル手作り石鹸を販売して副業も可能
公式サイトへ

 

コールド・プロセスソープマイスター認定試験の特徴

日本デザインプランナー協会が主催している民間資格です。手作り石鹸を作る際に必要となる基礎知識をはじめとし、石鹸作りに必要な道具、材料(オイルやハーブ、アロマオイルなど)の知識などを得ることができます。それにより知識と技術を一定レベル以上あることを証明する資格を取得できます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
コールド・プロセスソープマイスター認定試験の総評
  • 手作り石鹸を作りの基礎知識を得ることができる
  • セルフ美容に最適な資格
  • 在宅での受験も可能
公式サイトへ

 

第1位:石鹸アーティスト試験

「手作り石?インストラクター」は、日本インストラクター技術協会が主催している認定資格です。さまざまなオイルやハーブを利用した石鹸作りの知識と技術を取得することができるため、ハンドメイドや手作り石鹸に興味がある女性を中心に人気となっている資格のひとつです。

 

手作り石鹸だけではなく、入浴剤についても学ぶことができます。また石鹸作りには欠かすことができない苛性ソーダや苛性カリウムなどの薬剤の知識やその扱い方の技術などの資格も取得することができます。試験は年に6回実施されており、受験資格は特になく10,000円の受験料で試験を受けることができます。

 

インターネットから申し込みをし、在宅での受験が可能となっています。70パーセント以上が合格することができる基準と言われています。手作り石?インストラクター資格を取得し、自宅やカルチャースクールで講師として活躍の幅を広めたり、オリジナル手作り石鹸を販売して副業をすることも可能になります。

 

第2位:コールド・プロセスソープマイスター認定試験

「コールド・プロセスソープマイスター」は、日本デザインプランナー協会が主催している民間資格です。手作り石鹸を作る際に必要となる基礎知識をはじめとし、石鹸作りに必要な道具、材料(オイルやハーブ、アロマオイルなど)の知識などを得ることができます。

 

それにより知識と技術を一定レベル以上あることを証明する資格を取得できます。また、乾燥や肌荒れなど肌トラブルに応じた効果や効能のある石鹸づくりの知識も得ることができるのでセルフ美容に最適な資格と言えるでしょう。肌の弱い方が資格を取得して自分のために手作り石?を作ったり、肌の弱いお友達のために作ることもできるでしょう

 

試験は年に6回実施されており、10,000円の受験料で試験を受けることができます。インターネットから申し込みをし、在宅での受験が可能となっています。合格基準は70パーセント以上となっています。オイルやハーブ、香りやスキンケアに興味のある方に特におススメの資格です。この機会に知識を取得して活動の幅を広めてみるのはいかがでしょうか?

 

自分で石鹸を手作りするのは難しいのでは・・と思われている方も少なくありませんが、ちょっとしたコツやポイントをマスターすれば手軽に、また簡単に作ることができます。この機会に手作り石鹸資格を取得して、セルフ美容、副業、講師として活躍してみてはどうでしょうか?

 

自分好みにできる「石鹸アーティスト」がおすすめ

 

【石鹸作りを基礎から学べる】
【勉強しやすく身につけやすい】
【自分にあった石鹸を作れる】

今話題の「石鹸アーティスト」とは、手作り石鹸を教えることができるプロ、つまり講師のことです。最近はナチュラル志向の方が増えているため、石鹸の安全性について考える方が増えています。

 

特にアレルギー体質の子どもを抱えている家庭や、アトピー、敏感肌など何らかの肌トラブルを抱えている方の間では、刺激がない無添加の石鹸を手作りしたい!と考えているようです。

 

しかしどのように石鹸を手作りしたらよいのか分からない・・という方がいるのも事実です。テレビやインターネットなどのメディアでも石鹸の作り方が紹介されているため、それらから学んでいる方も少なくありません。

 

しかし、正しい石鹸作りを学びたい、石鹸作りの基礎や技術を学びたい、原料や香りについて詳しく学びたいという方には、手作り石?について正しく学ぶことができる「手作り石?資格」がおススメです。

 

この資格があるなら、手作り石?についての正確な知識と技術を取得することができるので他の人に教えることができます。またそれに加え、アロマソープ、スーパーファット、クレイ石鹸、カラーが美しい石鹸、型抜き石鹸などさまざまな手作り石鹸のレシピをマスターすることができます。

 

もちろん、スキルのレベルも求められますが、自分の活躍の幅を広げることができる機会ともなります。資格取得後は副業として手作り石鹸を販売したり、自宅やカルチャースクールで講師、つまりインストラクターとして活躍することができるでしょう。

 

またすでにアロマショップなどで働いている方は、自分のスキルを広げる資格となることでしょう。この資格は履歴書にも記入することができる認定資格となっています。自宅で受講・受験することができる「手作り石?資格」を取得し、自分だけのオリジナル石鹸でセルフケアはもちろん、活躍の幅を広げてみるのはいかがでしょうか?

 

コールドプロセスはこちら

 

 

まとめ

今女性を中心に自分で石鹸を手作りすることが人気となっています。その背景にはナチュラル志向の方が増えていることが関係しているようです。手作り石鹸の魅力は、自分で原料を選ぶことができ、自分の好みの香りで、好きな形やサイズなどオリジナルのものを作ることができることです。

 

また自分の肌にピッタリの原料を配合できるのでセルフ美容にも最適なアイテムです。独学で石鹸を作ることもできますが、手作り石鹸資格を取得するために石鹸の知識や技術を取得することもできます。

 

手作り石?資格を取得するなら、正しい知識と技術を学ぶことができるので、副業として手作り石?を販売したり、他の人に知識や技術を教えるといった講師として活躍することもできるでしょう。

更新履歴